シンメトレル インタビューフォーム

シンメトレル|田辺三菱製薬 医療関係者サイト Medical View Point

no. 公開日 文書番号 内容(pdf形式) 1. 2019年1月: p20151 「サンファーマ4製品」包装変更のご案内(2019年8月更新)(5,458kb)

シンメトレル錠50mgの効果と副作用、飲み合わせ、注意など。次のような症状は、副作用の初期症状である可能性があります。高熱、意識障害、筋肉のこわばり [悪性症候群]。発熱、皮膚の発疹・水疱、目の充血や唇・口内のあれ [中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群]。

シンメトレル錠50mgの添付文書 - 医薬情報QLifePro

インタビューフォーム|田辺三菱製薬 医療関係者サイト Medical …

HOME の中の 製品情報 の中の インタビューフォーム シンメトレル錠50mg・100mg,細粒10% お問い合わせフォーム.

ファイザー株式会社の医療従事者向け「製品情報サイト」です。アーテン錠(2mg)の添付文書、インタビューフォームなどの各種製品情報を掲載しています。

シンメトレル錠50mgの添付文書 - 医薬情報QLifePro

[PDF]

医薬品インタビューフォーム

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のIF 記載要領2013 に準拠して作成 剤形 錠剤(裸錠) 製剤の規制区分 処方箋医薬品:注意-医師等の処方箋により使用すること 規格・含 量 メネシット®配合錠 100:1 錠中に日本薬局方レボドパ100mg 及び日本

またシンメトレルは認知症治療薬のメマリーと構造が非常によく似ています。つまりシンメトレルは nmda受容体遮断作用 を持ちます。 シンメトレルはパーキンソン病治療薬全般に見られる副作用 ジスキネジア に有効です(1日300mg以上使用します)。機序に

シンメトレル錠50mgの添付文書 - 医薬情報QLifePro

[PDF]

医薬品インタビューフォーム

年より年4回のインタビューフォーム検討会を開催した中で指摘してきた事項を再評 価し、製薬企業にとっても、医師・薬剤師等にとっても、効率の良い情報源とすることを考え た。そこで今般、IF記載要領の一部改訂を行いIF記載要領

[PDF]

①「医薬品インタビューフォーム記載要領2008」(以下,「if記載要領2008」と略す) は,平成21年4月以降に承認された新医薬品から適用となる。 ②上記以外の医薬品については,「if記載要領2008」による作成・提供は強制されるも のではない。

シンメトレル錠50mgの添付文書 - 医薬情報QLifePro

シンメトレル錠50mg

「シンメトレル錠50mg」の用法用量や効能・効果、副作用、注意点を記載しており、添付文書も掲載しています。

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のIF記載要領(1998年9月)に準拠して作成 剤 形 素錠、散剤、エリキシル剤 規 格 ・ 含 量 ジゴシン錠 0.125mg ジゴシン錠 0.25mg ジゴシン散 0.1% ジゴシンエリキシル0.05mg/mL 1錠中 :日局ジゴキシン0.125mg

ゾフルーザ ®(バロキサビル マルボキシル)の作用機序と要点 ...

[PDF]

医薬品インタビューフォーム

「医薬品 インタビューフォーム」( 以下、 if と略す)として 位置付 けを 明確化 し、その 記 載様式 を策定 した。そして、 平成10年日病薬学術第3小委員会 によって 新たな 位置付 け とif 記載要領 が策定 された。 2 . if とは

[PDF]

1.医薬品インタビューフォーム作成の経緯 当該医薬品について製薬企業の医薬情報担当者(以下、MRと略す)等にインタビューし、当 該医薬品の評価を行うのに必要な医薬品情報源として使われていたインタビューフォームを、

ゾフルーザ ®(バロキサビル マルボキシル)の作用機序と要点 ...

【医療関係者向け】添付文書・インタビューフォーム | アルツ …

【このサイトは医療関係者向けです。】添付文書・インタビューフォーム|エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載してい

[PDF]

⑤ 「医薬品インタビューフォーム記載要領2013」(以下、「if記載要領2013」と略す)により作 成されたifは、電子媒体での提供を基本とし、必要に応じて薬剤師が電子媒体(pdf)から印 刷して使用する。企業での製本は必須ではない。 [ifの発行]

[PDF]

医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会のif 記載要項(1998 年9 月)に準拠して作成 抗インフルエンザウイルス剤 指定医薬品 処方せん医薬品 リン酸オセルタミビル製剤 タミフルカプセル75 タミフルド …

「インタビューフォーム」が作成されていないものや掲載されていないものがあるので、その場合は、この跡紹介する検索方法Part2で探します。 昔ながらの薬剤はインタビューフォームがないものが多いよ …

 ·

禁忌 (次の患者には投与しないこと) 1. 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者. 2. アタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を投与中の患者(「相互作用」の項参照)