免田事件 判例

免田事件

免田事件(めんだじけん)とは1948年に起こった初めて死刑判決に対する再審 無罪が確定した冤罪事件。四大死刑冤罪事件のひとつ(免田事件、財田川事件、松山事件、島田事件)。日本弁護士連合会が支 …

場所: 日本 熊本県人吉市

免田事件 免田事件の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年3月)免田事件免田 栄(2007年、パリ

366日higurashi:July 2013

免田事件紹介

免田事件紹介 免田事件について 1948年(昭和23年)12月29日午後11時30分頃、熊本県人吉市北泉田町で、祈祷師の夫(76歳)が頭部、頸部に刺創・割創を受けて即死、妻(52歳)が頭部に割創を受けて翌朝8時30分に死亡、長女(14歳)と次女(12歳)がいずれも頭部に割創を受けて重傷を負った事件

本日、免田再審事件の無罪判決が確定した。 免田栄氏の不屈の闘志と、多くの方々の支援が見事に結実し、ここに晴れて自由の身となられたことを心から喜び、今後社会の一員として意義ある人生を送られるよう切にねがうものである。

366日higurashi:July 2012

死刑廃止を考える[Q12]死刑判決が確定したえん罪事件の例

免田事件 事件の概要. 1948年12月29日に熊本県人吉市で発生した一家4人が殺傷された強盗殺人事件(夫婦が殺され、子供2人が重傷)で、被害者はいずれも頭部に鉈様の凶器による多数の傷痕があり、指紋や遺留品はありませんでした。

今回、免田事件の資料が熊本大学文書館に保管・公開されることになった意義は大きい。 免田さんは再審無罪となり「自由社会に帰ってきた」(免田さん)後、結婚した玉枝さん( 82 歳)と共に、福岡県大牟田市の自宅で暮らしてきた。しかし、高齢化に

366日higurashi:July 2013

免田事件(冤罪)免田栄 : カミカゼニュース

Feb 05, 2009 · 免田事件(冤罪)免田栄免田事件経緯:昭和23年12月30日午前3時頃、熊本県・人吉市の祈とう師、白福角蔵(当時76歳)、妻のトキエ(当時52歳)、長女(当時14歳)、次女(当時12歳)の一家4人が就寝中に、何者かに鉈(なた)でメッタ打ちにされたうえ、包丁で

免田事件の再審無罪判決を書いた河上元康・元裁判長は、今回行われた新たなインタビューで、免田栄さんが罪を認めた捜査段階での自白を検討する際に、「古色蒼然とした当時の物的証拠」を子細に分析すると、免田さんが公判で主張したアリバイが

[免田事件]

免田さんには事件発生 時に完全なアリバイがあった訳なのだが、その証人(Iさん)は、日付に関する記 憶が明確ではなかった為、免田さんを犯人だと決めつけてしまっていた捜査当局に より、免田さんと一緒にいた日を強引に一日ずれた日に誘導されて

事件を伝える当時の新聞記事を読むと、後に再審請求でクローズアップされる凶器が二転三転しており、確かに不可解な点が残る事件ではある。 事件の経過を振り返ると、21歳主婦の惨殺死体が免田町のトウモロコシ畑で見つかったのは1979年9月11日午後。

判例時報

免田事件第六次再審請求最高裁決定(判例時報九八四号) 免田栄事件再審無罪判決(判例時報一〇九〇号) 財田川決定 昭和五一年一〇月一日第一小法廷決定 財田川事件再審請求特別抗告事件(判例時報八 …

熊本)冤罪事件、忘れないで 免田さん寄贈資料を初公開 (2019/9/16) 国内の死刑囚として初めて再審無罪が確定した免田栄さん(93)。今年1月に

日本初! 死刑から再審無罪の強盗殺人事件「免田事件」のずさん …

冤罪の恐怖が赤裸々に記された免田栄さんの著書 敗戦から3年たった1948(昭和23)年。ghq(連合国総司令部)の民主化政策が進み、戦後復興の熱い土音は日本中に満ちていた。極東国際軍事裁判で有罪判決が下った東条英機ら7名の絞首刑が執行された11月12日。

「四大死刑冤罪事件」の一つとしても有名な、財田川事件(さいたがわじけん)。一度でも死刑判決が出てしまえば、それを覆すことは不可能と言われていた1950年代に、再審&無罪となった事例です。判 …

『財田川事件』とは1950年代に起きた強盗殺人事件で、死刑判決かのあと弁護士が再審で無罪を勝ちとった判例のひとつです。自白を強要されたばかりか、真犯人の証拠をねつ造された谷口繁義さんが、冤罪を晴らした歴史的裁判の裏には、ある人物の人生を賭けた決断がありました。

といっても、今回別に新しく書くことなどほとんど何もない。 冤罪事件の事後処理については、既にこの記事である程度紹介してあるからだ。 無実の罪で裁判にかけられたり、場合によっては有罪判決が確定してしまった人について、損害を全部弁償してもらえる国家賠償を請求するのは

[PDF]

主 文 原判決中、被告人A、同C、同Dに関する部分を破棄する。 被告人Aを懲役二〇年に、同Cを懲役五年以上九年以下に、同D