新幹線 開業効果 定量的

新幹線は何をもたらしたか 日本を変えた50年間の経済効果

誕生から50年を迎える新幹線は、日本人の仕事や生活を激変させ、今でも長距離輸送の「絶対王者」であり続けている。リニア中央新幹線の着工

北陸新幹線の現在の活況を見ていると意外に思うかもしれないが、2000年代初頭、「北陸新幹線はムダ」という意見が少なからず金沢にあった

[PDF]

東海道新幹線が地域経済に与えた 長期的影響の事後評価

新幹線や九州新幹線の開業前後で利用者数や観光客の人 数を比較し,その増加分を各新幹線による開業効果であ るとして事後評価を行っている.しかし,これらの研究 では開業直後の短期的な影響評価を行うことはできるも

新幹線の開業効果といえば、やはり観光を始めとする経済効果が頭に浮かぶが、地元の意識や住民の暮らしに、新幹線はどんな変化をもたらした

新幹線とその経済効果について調べてみた

新幹線網の発展により、経済効果が隅々まで渡ることが考えられる。たとえば北陸新幹線が部分開業した長野新幹線では、10年で1300億円ものgdp押し上げが試算されている。

[PDF]

用による所要時間」をリニア中央新幹線の開業進捗度合に沿ってそれぞれ計測し、当地 域に与えるアクセス性向上の効果を定量的に把握する。 所要時間を計測する経路として、以下では次の2つのパターン …

[PDF]

新幹線整備が地域経済に与えた影響事例

「新幹線整備に伴う効果体系」および「新幹線が国民経済に及ぼす影響」でみたような影響は、基本的に正の効果 である。しかしながら、後述する「2 上越新幹線の人口への影響(新潟県を例として)」では、効果がみられるもの

[PDF]

開業2年目に突入する北陸新幹線。 北陸を訪れる観光客が飛躍的に増加しているが、 このインフラを今後、どう活用していくべきか。 観光産業のみならず、企業の産業面での飛躍に期待がかかる。 開業効果が一段落していく平成28年こそ、

[PDF]

整備新幹線の開業効果について

みがもたらす開業効果について、統計値をもとに分析し た結果について報告する。開業効果としては、所要時 間・行動範囲の変化、入込客数など沿線地域にもたらさ れた観光や居住面の変化について定量的に整理した。 2.新幹線の時間短縮効果

[PDF]

意形成に向けて効果的であることを、早期開業効果 について分析することによって示す。 整備新幹線の効果はこれまで、国土の均衡や地域 の発展といったような抽象的な表現で語られること が多かった。またその効果を定量的に計測する場合

[PDF]

整備新幹線の事後評価 (東北新幹線・九州新幹線)

状況の変化,利用者,観光への効果・影響等について, 定量的な指標を用いて整理・分析を行うものである. 2.既存研究 (1)新幹線開業による社会的便益評価に関する研究 新幹線開業による社会的便益(効果)を評価する既存

2016年3月に策定した長期構想に基づき、「個性、交流、安心のふるさとづくり」を目指す石川県。その鍵となるのは、2015年に金沢開業を果たした北陸新幹線であり、想定を超える開業効果が現れているという。開業の効果と、石川のさらなる活性化に向けた新幹線活用のビジョンについて、谷本

[PDF]

北陸新幹線開業効果に関するレポート

「新幹線の開業効果に沸く金沢だが、このまま上昇気流に乗り続けられるかは予断を許さ ない。『金沢は開業前からの積極的なプロモーションでイメージが先行した感がある。リピ ーターをどう確保していくかが今後の大きな課題』(藤沢主任研究員)だ

[PDF]

開業に併せ、地域が様々な取り組みを継続的に実施しているところが多く、取り組み次第では、 さらに大きな効果が発現する可能性も高い。 上記の背景を踏まえ、北陸新幹線の開業に伴う影響を予測し、今後の具体的な振興方策の検討

しかし、新幹線の経済的効果が及ぶ地域や業種はまだ限定的である上、jr東日本から経営分離された並行在来線の沿線では、運賃の上昇などによって新幹線と並行在来線双方の利用者が伸び悩んだ。高校進学予定者の進路が狭められる不利益も発生している。

何しろ、現在、東海道新幹線は年間1億5500万人、累計で56億人を運ぶ大動脈。飛行機でそれを賄えるはずもなく、新東名との複線化で拡充した高速

北陸新幹線・長野-金沢間が2015年3月に開業し、1年余りが経過した。東京-金沢間が2時間半まで短縮され、利用の代表的な指標とされる上越妙高-糸魚川間の乗客が在来線当時の約3倍に増加するなど、開業は「成功」した